スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lavie LL750/WはメインPCの夢を見るか(EXTRA Stage)

ll750w_29.jpg
初期設定を済ますと、デスクトップが表示された後プリインストールアプリがインストールされていきます。
この流れは昔から同じです。

ll750w_30.jpg
インストールが終了、やっと操作可能になりました。
ここからウイルス対策ソフトを入れ替え、WindowsUpdateを行いアップデートをあてていきます。
このときもAFTに関するトラブルが発生して、RAIDドライバーの入れ替えと"SoftwareDistribution"フォルダ内
のファイル削除でようやく解決、Window7の無印からの更新なのですべてが完了するまでさらに
半日ほどかかっています。

ll750w_31.jpg
ところで、AFTに起因するトラブルのひとつとして物理セクターと論理セクターの開始位置が
かみ合っておらず読み書きが遅くなることがあります。
このHDDにレストアしたイメージデータはAFTに対応していないHDDから吸い出したイメージなので
レストアしたHDDはおそらく、セクターの開始位置がずれていると考えられます。
ずれているものは調整が可能なので、念のため調整用ツールで確認しておきました。
調整用ツールはWestern DigitalのHPからダウンロードできます。
http://support.wdc.com/product/downloadsw.asp?sid=128

結果的には、リカバリー領域のみ調整が必要でしたので調整を行っておきました。
が、ここでまた余計なことをしてしまったらしくリカバリー領域が起動しなくなってしまいました。
リカバリー領域そのものは壊れていませんので、REAgentCというコマンドを使用して
Windows REが起動できるように構成し直してやります。
やり方は簡単、コマンドラインで

>reagentc /disable
>reagnetc /enable

の順番で入力してやればOKです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mofu2san

Author:mofu2san
日本一でかい湖のある県に生息中
おもしろいと思ったものには全力投球
それ以外のものにはそれなり

カテゴリー
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
ねこ時計(修正版+α)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。