スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いPCゲームで遊ぶ(その2)

前回から少し間が開きましたが、続きをば

 dosg_8.jpg
ホスト側にファイルをコピーしたら、DOSBoxを起動します。
DOSboxは本家の物をものをダウンロードしてもいいのですが、
http://www.dosbox.com/
106キーボード配置に対応していないため、101キーボードの配置を理解していないと
操作がやりづらいんです。私は106キーボードに対応した物を制作してくれた方がいらっしゃったので、
それを利用させて頂きました。
www13.ocn.ne.jp/~suke/index.html

起動したら、まずCPUの速度を上げておきます。私は10000くらいまで上げています。
次に、DOSBoxにコピーしたフォルダを認識させるために、
mount c e:\(¥)tim2
と入力します。これで、DOSBoxのCドライブに先ほどのフォルダがマウントされた形になります。

正しく入力できれば写真のようなメッセージがでるので、そのままカレントディレクトリをマウント先に
移動し、ゲーム本体を起動してやります。

dosg_9.jpg
しばらくローディングしたあと、メーカーのロゴがでて

dosg_10.jpg
無事に起動しました。続編の3と全く一緒なので新鮮さはあまりありません。
なら何でやったという声が聞こえてきそうですが、自己満足という言葉ですべて片付けます

dosg_11.jpg
メインメニューです。ここもほとんど3と一緒、デモ版なので購入を促すボタンがあることと
左下の絵が違うことくらいでしょうか

dosg_12.jpg
メインフィールドは「もっともっと」と「3」を足して二で割ったような感じです。

このゲーム、動かすことが非常に難しくておそらく素のDOSマシン以外は
この方法でしか動かすのは無理じゃないでしょうか
ちなみに、起動ディスクからの起動は私の技術では無理でした。

追記:

その後、もう一度挑戦してみたところ、素のDOSでも動作させることができました。
具体的な手順は

1.
config.sysでhimem.sysとEMM386.exeを組み込むことと
Autoexec.batでmouse.comを組み込む

2.
インストーラを起動してオーディオカードの設定を無効にします。(重要)
これをしないと、ソフトが起動した瞬間にハングしてしまいます。
おそらく、デバイスドライバーが絡んでると思います

以上で今回の検証は終了です。

古いPCゲームで遊ぶ(その1)

古いPCゲームをもう一度遊びたくなることってありますよね?

今回は、そんな欲求をかなえるべく奮闘した内容を何回かに分けて紹介させていただきます。

前提として、古いPCを引っ張り出してやるということはしません。
あくまで、現在私がメインで使っている環境(Windows 7 64bit)で動作させることを目標とします。
(今回の記事の画像は全て大きいサイズの物があります)

さて、今回のタイトルは「The Incredible Machine 2 (体験版)」になります。

まず、用意する物は
・32bitのWindows
・FDドライブ(仮想ドライブでもOK)
・Vmware
・dosbox(DOSのエミュレーターです)
の4点です

以上の点から分かるとおり、このゲームのプラットフォームはMS-DOSになります。
DOSゲーというだけで、面倒くさそうですが実際かなり面倒くさかったです。

体験版はこちらのサイトからダウンロードさせていただきました
https://sites.google.com/site/for-all-incrayers/Home/trial

まず、VmwareをインストールしてゲストOS(今回はWindows 98を使用)をインストールしておきます。
余談ですが、ホスト側のOSが32bitで、物理的にFDドライブがついているPCをお使いの場合は
Vmwareは必要ないと思われます。

次に、ダウンロードしておいたファイルを解凍し、全てゲストOS側のFDにコピーしておきます。
dosg_1.jpg
画像を見てもらえると分かると思いますが、ゲーム本体のファイルがありません
ずばり、ゲームの本体ファイルがあればゲストOS側の操作は必要ないわけですが、ないものはないので
おとなしくインストールからしていきます。

dosg_2.jpg
DOS窓を開きインストーラを叩いてやるとこのような画面になります。
このときの注意事項としては、かならず文字コードを英語の状態にしておく必要があると言うことです。
日本語のままだと、正常に動作しませんでした。

dosg_3.jpg
適当なキーを押すとインストール先のドライブを聞いてきます。
FD以外にファイルとおいた状態でインストーラを叩くとこの画面になりません=インストールできない

dosg_4.jpg
つづいてディレクトリを聞いてきますの、分かりやすい名前を入れてやります(今回はTIM2)

dosg_5.jpg
ここで、サウンドの設定等を行うことができます。いろいろ書かれていますが、無視してインストールを進めます。
(インストールを進めるには上から2番目を選択)

dosg_6.jpg
この画面になったらインストールは終了です。インストーラが終了したらカレントディレクトが
インストールしたところに自動的に移動していますが、このままゲームを起動しようとしても、
コンベンショナルメモリが足りないぞゴルァと言われて起動できません。

dosg_7.jpg
無事、ゲームのインストールは終了です。これらのファイルをフォルダごとホスト側にコピーします。
このとき、あとで入力が苦にならないところがお勧めです。(私はEドライブ直下にコピーしました)
以上でWin98側での操作は終了です

(ホスト側の操作は次回)

Pen4マシンでいこう

きっかけは知り合いにPCの修理を頼まれたことです。
部品取りがないかハードオフに行ったときに、同じメーカーの違う機種を買って運が良ければ部品取りに
使えるかもと思って買ってきたのですが、故障したPCはかなり重傷だったこともあり結局は買い換えと
いう線で落ち着きました。

で、手元には部品取りに使えたらいいなと思って買ってきた物が残ったわけでこいつの使い道を考えるという
楽しみ仕事が残ったのでした。

IMG_0051.jpg
すでに撤退して久しい日立のPrius Deck 770Fです。先方のPCはPrius Air 430Sだったので 
ちょうど一世代前のモデルになります。日立ってデュアルドライブ搭載だったり、テレビチューナー搭載
だったりして時代を先取りしすぎた感のあるメーカーでしたね。CPUは北森のHT付きPen4が載っています。

OSなしの光学ドライブ不調ということで2100円でした。このPCの定価は知りませんがかなり安くなってしまいましたね
Core2シリーズの載っているPCですら10kを切るご時世ですから、PCの新陳代謝の早さがよく分かります。
OSは手持ちのXPをインストールして、鯖として使うつもりでいたのでそのままUltraVNCをインストールして
リモートコントロールできるようにしました。

img_2013_03_21.jpg
少しでも負荷をを下げるために壁紙なしで運用しています。視覚効果は切っていないので
効果がどの程度あるのかは疑問ですが、ぬるぬる動いているので問題ないでしょう。一応離れた位置から
ノートPCで操作してみましたが、そちらでも問題ありませんでした。

ちなみに、先ほど述べたように日立のPCはテレビチューナー搭載がされている物が多く、このPCにも
当然のごとく搭載されています。チューナーそのものはアナログチューナーなので役に立ちませんが、
コンポジットやS端子も接続できるのでビデオデッキやらゲーム機やらが接続できるわけです。
ためにしPSOneをつないでみましたが、UltraVNC経由でもそれなりに動くことが分かりました。

img_2013_03_21_2.jpg
このロゴを見るのもなつかしいですねえ。おそらくプレイは遅延のせいでまともにできないでしょうが、
意外に使えるので何か使い道を考えてみようと思います

Windows7のバックアップが正常に終了しない

最近バックアップツールがに正常に完走できなくなっていたようなので
ちょっと調べてみました

エラーメッセージを参照すると「いくつかのファイルがスキップされました」
というメッセージと0x80070002というエラーコードを吐いていたので
Google先生に教えを請うと真っ先に出てきたのがこれ

http://support.microsoft.com/kb/979281/ja

存在しないフォルダをバックアップに指定した場合に発生するエラーのようですが
ないと訴えられているフォルダがマイドキュメント等のはじめから存在するフォルダたち

初期設定とは違うフォルダを指定しているとはいえ、スタートメニューからの
参照は問題なくできるしいままでこんな問題は起こらなかったと悩んでいると
Windows7にはライブラリーという機能があることを思い出す

ライブラリーの各フォルダのプロパティをあけてみると移動する前のフォルダが
指定されたままになっているのを発見、やっと原因をつかんだぜ・・・

Image2.png


本来ならフォルダを移動させたときにこちらの設定も書き換わるはずが、
何らかの原因で書き換わっていなかったのでしょうね

存在しないフォルダを削除して正しいフォルダを指定してから、再度バックアップユーティリティを
走らせてみると無事に完走した。やはり原因はこれだったようです

無線LAN

我が家は無線でインターネットに接続しているのですが、
自室のパソコンがよく通信中に切断されて毎回イライラしています

無線の親機はWZR2-G300Nです。この品番をみてティンときた方するどい
これかつてつながらない、安定しないの不具合を抱えていた機種です
元々使っていてたWHR-Gの電波が弱いので、少しでも強いのを思い
購入したのですが、大失敗orz
WLI-U2-KG54Lでクライアントマネージャー3相手だと、接続に失敗してまともに使えんと・・・
結局、WHR-Gから有線で接続して設定でルーターモードOFFで自室PC相手のみで
試行錯誤して使っていましたが、安定しないのは相変わらずで

もうね、窓から投げ捨てるよほんま、そして買い換えたいマジで

最終手段として、物理的にルーターモードを切ったのですが、これで安定するかな?

もちろんWHR-Gとは競合しないようにちゃんと設定してますよ
プロフィール

mofu2san

Author:mofu2san
日本一でかい湖のある県に生息中
おもしろいと思ったものには全力投球
それ以外のものにはそれなり

カテゴリー
ついったー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
ねこ時計(修正版+α)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。